巨人の3年目左腕・横川凱投手(20)が20日、日本ハムとの練習試合(那覇)に先発し、3回を投げて6安打4失点だった。

 今季初の対外試合は、悔しい結果に終わった。初回こそ打者3人で抑えたものの、2回には近藤の左前打、横尾に先制2ランを被弾。悪い流れを断ち切れず、3回にも渡辺、清宮に適時打を許し、計4点を失った。

 登板後、横川は「1回から3回までの間でなかなか修正しきることができなかったので、単純に自分の力不足だなというのはすごい感じました」と猛省。宮崎キャンプでの紅白戦に登板した際は、セットポジションでの投球を課題に挙げていたが、今回も思うようにはいかなかった。「前回に比べれば(良い)という感じなんですけど、それだけで全然、全体的な部分で、セットポジションもそうですけど、そういう部分でバランスも崩していました」。

 降板後のベンチでは原監督から身振り手振りでの指導も受けていた左腕。首脳陣からの期待も大きいだけに、この日の悔しさをバネにしていきたいところだ。