いずれは球界を代表する「ヤマダ」に―。11日の阪神の入団会見では、ドラフト3位・山田脩也内野手(18=仙台育英高)が「球界ナンバーワンのヤマダ」になることをブチ上げた。

 走攻守3拍子揃ったなかで、とくに守備力がウリの18歳は、高校2年時に甲子園で夏は全国制覇、3年次も夐ベスト4、夏も準優勝と、高校球界を代表する存在。会見の壇上では、目指す選手としてヤクルトの同姓・山田哲人の名前を挙げ、将来は「ヤマダ」と言えば「山田脩也と言われるように頑張っていきたい」と言い切った。

 燕の山田はすでに球界を代表する二塁手としてだけなく、3割30本30盗塁のトリプルスリーを過去3度記録。唯一の複数回達成選手としても有名だが「自分のなかで打力はすごい課題なので、そこをしっかりと伸ばしつつ、トリプルスリーも自分のひとつ目標なので、そこを目指してやっていきたい」とキッパリ。燕のヤマテツに追いつき追いこせの精神で、球界の山田姓の勢力図を変える活躍を誓っていた。

球界を代表する打者になったヤクルト・山田哲人
球界を代表する打者になったヤクルト・山田哲人