GLEATのG―REX王者T―Hawk(33)が、年末の大一番に向けて格の違いを見せつけた。

 10日の東京・新宿フェイス大会では6人タッグマッチで、G―INFINITY&世界タッグ2冠王者の全日本プロレス・斉藤ブラーザーズ(ジュン&レイ)と組み、田村ハヤト&KAZMA SAKAMOTO&チェック島谷と対戦。V6戦(30日、東京ドームシティホール)で迎え撃つ田村とは前哨戦となった。

 2人の先発でスタートした一戦は、序盤から緊張感あふれる攻防が繰り広げられた。場外戦でもお互いに一歩も引かず、最後は絶好調のT―Hawkが島谷をパワーボム2発で沈めた。

 試合後は「いいか、田村。お前と俺の決定的な差は責任感の違いなんだよ。お前は確かに強いよ、人気もある、華もある。それは認めてやる。だけど、おまえは根本的なところが弱いんだよ」と挑発。

 すると田村は「おい、俺はごちゃごちゃ、ごちゃごちゃ言わないぞ。12月30日、俺とT―Hawkの最高の戦いを見に来い」と観客に向けて呼びかけ、2人は激しいにらみ合いを展開した。