巨人の秋広優人内野手(21)が630万円から2620万円増となる3250万円でサインした。

 規定打席に4打席足りなかったものの、一時は3番を務めるなど出場121試合で打率2割7分3厘、プロ初を含む10本塁打をマーク。侍ジャパンにも選ばれた2メートル超の若武者は、「来季は全試合に出場して、しっかりチームのリーグ優勝、日本一に貢献できるように頑張りたい」と前を向いた。

 阿部監督は来季の構想として一塁・岡本和を明言。ポジションが被る背番号55は、「まだ直接は特に言われていないので、ポジションとしては分からない状況ですけど、自分は外野、レフトでやるのかなと思っています」とイメージはできているという。

 全試合出場のためには守備力アップが必要。「ミスだったり捕れるボールも捕れなかったりとかそういうのが印象にあるので、そういうところをなくして守れる選手と言われるようにやりたい」と守備力向上に向け前を向いた。

(金額は推定)