日本ハム・吉田輝星投手(22)とオリックスの黒木優太投手(29)の交換トレードが24日、両球団から発表された。

 吉田は「ドラフト1位で獲得してもらったのに、活躍できず申し訳ないですし、すごく悔しいです」とコメント。その後も電撃トレードのショックもあり終始、驚きを隠せない様子を見せていた。

 無理もない。金足農時代にエースとして夏の甲子園で準優勝を飾り、2018年に鳴り物入りで入団。プロ5年目の今季こそ登板3試合に終わったが、昨季は主に中継ぎで51試合に登板。シーズン序盤には9試合連続無失点を記録するなど、球団内でも将来を嘱望されていた。そんな投手が突然の移籍を強いられた背景には今春キャンプの「ある希望」が影響したとみられている。

 実は首脳陣は今年の年明けから「飛躍の年になるように」と吉田に大きな期待を寄せていた。ただ、その期待はあくまでも22年シーズンに実績を残した「中継ぎ」。手薄だった救援陣の一角として活躍してほしいとの願いだった。だが、首脳陣の思いとは裏腹に吉田はあくまでも「先発」を希望。春季キャンプでも信念を曲げず先発としての調整や準備を進めた。

 当初は新庄監督もその思いをくみ「それなら自分の力で勝ち取ってほしい。(先発を)やりたい投手はたくさんいるから」とエールを送っていた。しかし、キャンプ終盤になっても吉田の調子は上がらず開幕後も低迷。いつしか周囲から吉田への期待は薄れていった。

 こうした経緯もあるため球団幹部の一人も先日、吉田の胸中を察しながらこう嘆いていた。

「本人が先発を希望することは悪いことではない。ただ、輝星の場合は昨年から何度か先発のチャンスをもらいながら、結果を残せなかった。だからこそ周囲の関係者やナインからも『昨年、中継ぎで結果を残したのだから、今年もまず中継ぎで成績を残し、その後改めて先発を希望したほうがいいのでは』という声が後を絶たなかった。その思いをくみ、本人が中継ぎで奮闘していれば、今季の結果は大きく変わっていたはずですから。(今季の成績は)残念です」

 先発にこだわった吉田の選択。間違ってはいないだろうが、左腕エース・加藤貴が残留し、2年目の金村、今秋の侍ジャパンで活躍した根本ら若手先発投手が次々と台頭するチーム事情もある。トレード移籍は必然と言わざるを得ない。

 吉田が移籍するオリックスは周知の通り「投手王国」。今オフ、エース・山本がMLB移籍、左腕・山崎福がFA移籍が濃厚でも日本ハム以上に層は厚い。その中で吉田は輝きを取り戻せるのか。6年目となる来季、その真価が問われようとしている。