プロ野球の最強を決める日本シリーズがいよいよ28日から開幕する。2年連続の日本一がかかるオリックスはリーグ3連覇を果たし、CSファイナルステージを4勝1敗で突破。一方、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神はCSファイナルを無傷の4勝0敗で勝ち上がってきた。実に59年ぶりとなる「関西ダービー」を制するのはどちらか。

【日本シリーズ予想:宇野勝氏=阪神4勝3敗】投手力、打撃力ともほぼ互角のチームで、がっぷり四つの戦いになるだろう。それでも僅差で阪神が優勢とみた。

 オリックスは盤石なリリーフ陣で、先発陣も山本、宮城、山下舜らを擁するなど侮れないが、山本はCSファイナルステージで7回5失点の大誤算もあった。阪神は村上、伊藤将、大竹と全く隙のない3本柱を軸に先発ローテーションを回せるのは強みだ。リリーフ陣も守護神の岩崎を筆頭に岩貞、島本、石井と超安定している。

 打線は足を使える近本、中野が出塁して「4番・大山」「5番・佐藤輝」がかえすパターンが確立されており、シリーズのキーマンは「4番・大山」になるのでは。

 ペナントレースと違って短期決戦はまったくの別もの。ベテラン・岡田監督と中嶋監督の〝読み合い合戦〟も見ものだ。