日本ハムの新庄剛志監督(51)が27日のロッテ戦(エスコン)で、引退試合となった谷内亮太内野手(32)に粋な花道を用意した。

 新庄監督は谷内を「7番・三塁」でスタメン出場させ、2回は一塁、3回に二塁、4回には遊撃のポジションにつかせた。そして、5回はスタンドに多く詰めかけた日本ハムファンとの距離も近い右翼守備につかせ、この回途中で交代させた。谷内は打っても2回二死三塁で迎えた第1打席で先制の中前適時打。〝守備職人〟らしい最後の姿を演出した新庄監督は、役割を終えてベンチに下がってきた谷内とハグを交わした。

 スタンドには涙を流すファンの姿もあり「X」(旧ツイッター)では「引退撤回」がトレンド入りする展開に…。「全然恥ずかしいことじゃないから引退撤回してくれ」「今すぐに引退撤回してもらえないですか?本当にお願いします」「引退撤回してヤクルトに戻ってきてよ」などの投稿が相次いでいる。