西武―ソフトバンク戦(1日、ベルーナ)前のセレモニアルピッチに乃木坂46・向井葉月が登板した。

 西武戦沿線の出身でライオンズファンとして知られる向井は、サウスポーの豪快なワインドアップから渾身の1球を投げ込んだ。惜しくもワンバウンド投球となったが、スタンドからは大きな拍手で称えられた。

華麗なワインドアップを見せる向井葉月(球団提供)
華麗なワインドアップを見せる向井葉月(球団提供)

 登板後、向井は「しゃべったら心臓が口から出てしまうんじゃないかというくらい緊張しました。大好きなライオンズの選手の皆さまと同じグラウンドに立てて本当に光栄でしたし、ライオンズファンの皆さまにも感謝の気持ちを込めてマウンドに立ちました。ライオンズへの応援の想いやたくさん練習に付き合ってくれた乃木坂46のメンバーやスタッフさんへの感謝の気持ちを込めて投げましたが、いざ本番では頭が真っ白になってしまって、あっという間に終わってしまいました」とメモリアルピッチを回想。

 続けて「子供の頃から西武線を利用していて、ポスターなどでライオンズの選手を見ていたので自然とライオンズファンになっていました。投球の自己採点としては、低いんですが帰ってきたときに山野辺選手が『ノーバンに見えました!』と言ってくださったので、ライオンズの勝利への祈りも込めて100点にしたいと思います」と声を弾ませていた。