本当に来るとは…。新日本プロレス「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)」の内藤哲也(40)が、15日のノア静岡・ふじさんめっせ大会に電撃登場した。新日本21日の横浜アリーナ大会での対抗戦で激突する拳王(38)の呼びかけに応じ、何とLIJ5人で来場。だが、会場で受けたおもてなしから導き出された答えは「金剛」に対する〝警告〟だ。

 LIJは横浜大会で金剛とシングル5番勝負に臨む。内藤は拳王から敗れた場合のノア参戦を要求され、下見として静岡大会への来場を呼びかけられていた。

 するとこの日の全試合終了後、対抗戦に出場する内藤、鷹木信悟、SANADA、高橋ヒロム、BUSHIが突如として姿を現した。会場が騒然とする中、内藤たちはグッズを購入しサイン会に参加。意外と律義な金剛も全員分のサインをTシャツに入れ、記念撮影にまで応じる〝神対応〟ぶりだった。

 帰り際もご満悦の表情に見えた内藤だが、その後の取材では、まさかの激辛評価が金剛に下された。まずは「皆も予定を何とか調整できるとのことだったので、じゃあ5人の方が面白いだろうと。どんな反応を見せてくれるのか楽しみで行くことにしました」と行動に至った経緯を説明した。

 その上で「おもてなしをすると言っていたので、こちらが想像していないような『そんなことまでやってくれるの? これは行ってよかったな』と思えるものを期待していたんですけど…。至って普通すぎて期待外れでしたね」とバッサリだ。あれだけ他団体のサイン会を大混乱に陥らせておいて、よくもこんなことが言えたものだ。

 しかも、何より問題視するのは、対抗戦に出場する他の金剛メンバーだ。「拳王選手以外がしゃべらないのは残念に感じましたね。特に大原(はじめ)選手はしゃべりがうまい印象があって、会見でもMVP級の活躍を見せていたので楽しみにしてたんですけど。本当にチームとして『拳王がすべて正しい』『俺らはしゃべる必要がない』と意思統一できているなら別にいいんですけど、僕の目には疑問に映りましたね」と首をかしげる。

 4日東京ドーム大会での金剛襲来、対戦カード発表会見、LIJのノア登場すべての場面で、内藤が抱いた敵軍の印象は「拳王のワンマンチーム」でしかないことだという。

「だとしたら、大将が崩れたらどうなってしまうんだろうと、敵ながら心配になってしまいましたよ。今回の対抗戦で彼が俺に負けたら、もしかして金剛はユニットそのものがなくなってしまうくらいのリスクがあるんじゃないのかな? 大丈夫?って思ってしまいますね」。団体の威信をかけた横浜決戦で笑うのは、果たして――。