侍ジャパンの栗山英樹監督が12日、阪神―中日戦(甲子園)を視察した。試合前は中日・立浪和義監督、阪神・矢野燿大監督と、両チームで気になる選手の状態について話し込んだ。

 試合後、栗山監督は中日では小笠原慎之介投手、高橋宏斗投手、岡林勇希外野手、土田龍空内野手らの名前を挙げながら取材に対応。特に立浪監督から小笠原に関して「球持ちが良くなっているので『いいでしょう』という話はした」と明かした。

 立浪監督は小笠原と高橋宏について「力がある投手だとは伝えました」とし、13日のDeNA戦(バンテリン)で今季6勝目を目指して先発する高橋宏を、立浪監督は「現にあれだけ三振(リーグ3位タイの118個)取れているわけですしね。もちろん、そういう経験もしてもらいたい。力がある投手ですとは伝えましたが、別に選んでくださいとは頼んでないです」と説明した。