エンゼルスの大谷翔平投手(28)は11日(日本時間12日)の敵地ヒューストンでのアストロズ戦に「2番・DH」で出場し、初回に3試合ぶりの一発となる34号2ランを放った。

 相手先発は右腕ガルシア。カウント1―2からの4球目、外角低めのカーブをバットの先で拾って右手一本ですくい上げた。角度31度、打球速度100・5マイル(約161・7キロ)で美しい弧を描いて右中間席にに飛び込んだ。先制2ランは飛距離388フィート(約118メートル)のムーンショット。これで登板翌日は今季7本目だ。

 第1戦は左翼翼フェンス最上部直撃の二塁打、第2戦は中堅後方への391フィート(約119メートル)の大飛球と2戦続けて一伸び足りなかっただけに〝3試合目の正直〟だ。ここ12試合で7発の量産態勢。今季88打点目で、日米通算501打点となった。2年連続「40本塁打&100打点」も見えてきた。