【全仏OP】罰金処分の大坂なおみが反撃ツイート「怒りは理解の欠如 変化は人々を不快にさせる」

2021年05月31日 06時28分

反撃に転じた大坂なおみ(ロイター)

 テニスの4大大会・全仏オープン(パリ)会見ボイコット騒動に揺れる大坂なおみ(23=日清食品)がツイッターを更新。「怒りは理解の欠如。変化は人々を不快にさせる」と記した。投稿約5時間前には、初戦突破後の会見を拒否したことで罰金1万5000ドル(約165万円)が科せられ、4大大会出場停止の可能性が示唆されたばかり。抗議の意味に受け取れるだけに、さらなる騒動を巻き起こしそうだ。

 会見ボイコットについて全仏側は「大坂に再考を求めたが、交渉は失敗に終わった」としている。4大大会の主催者は共同声明を発表。違反を繰り返すと、全仏失格や、将来の4大大会出場停止といった厳しい制裁を受ける可能性を通告している。

関連タグ: