JFA田嶋会長 オマーン撃破の森保監督を絶賛「効果的な選手交代」「非常に大きな勝利」

2021年11月17日 09時40分

田嶋会長(東スポWeb)
田嶋会長(東スポWeb)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が、カタールW杯アジア最終予選オマーン戦で勝利した森保ジャパンを絶賛した。

 最終予選の初戦でホームで敗れたオマーンに敵地でリベンジに成功。劇勝を受けて田嶋会長は試合後に「今日は勝ち点3を獲得した非常に大きな勝利だった」と大一番での勝利を高く評価した。

 後半開始から投入したMF三笘薫など途中出場した選手がそろって活躍。「後半の効果的な選手交代によって、サイドを崩しながら相手にプレッシャーを与えていた。試合を支配しながら進められたことが得点や勝利につながったと思う」と森保一監督の采配を称賛した。

 そのうえで「チーム全員が集中して一丸となって戦っていることが伝わってきた。監督や選手も理解しているように、まだW杯へのチケットを勝ち取ったわけではなく、これから4試合の厳しい戦いが待っている。まずは1月からの2試合にしっかりと集中すること」と勝って兜の緒を締めた。

関連タグ:
 

ピックアップ