JFL鈴鹿のJ3昇格消滅 キング・カズの去就どうなる?

2022年06月29日 11時10分

JFL鈴鹿FW三浦知良(東スポWeb)
JFL鈴鹿FW三浦知良(東スポWeb)

 キングの去就にも影響か――。Jリーグは28日、八百長問題に揺れるJFL鈴鹿ポイントゲッターズに対してJリーグ準加盟にあたる「百年構想クラブ」の資格を剥奪した。失格により今季JFL4位以内なら可能性のあった来季のJ3昇格が完全に消滅した。

 鈴鹿では一昨年にクラブ幹部による意図的な敗退行為の指示があったとし、2月に解除条件付きで資格停止処分を受けて体制の見直しが求められていた。クラブ側は三浦泰年監督兼GMが代表取締役に就任するなど、役員を刷新したものの、Jリーグは「解除条件を満たすことができないと判断した」という。野々村芳和チェアマン(50)は「端を発した案件は八百長を企てたということだが、Jリーグとしてはもう絶対にあり得ない」と断罪した。

 今回の処分についてJクラブ関係者は「昇格がなくなってモチベーションを維持できない選手も出てくるだろうし“辞める”って言いだす選手もいるのではないか」と懸念し、カズこと元日本代表FW三浦知良(55)らイレブンの去就問題に発展する可能性を指摘していた。

 カズの代理人も務めた田路雅朗氏は4月の時点で「相談も受けていないし、シーズンの途中で辞めることはさすがにないだろう」とし「仮に辞めるとなったら? どうするってレンタルなんだから(J2)横浜FCに戻るしかない」と話していたが、前代未聞の騒動だけに、カズの去就を含めて今後の動向が気になるところだ。

関連タグ: