【J1】浦和がDF酒井宏樹の獲得を正式発表「一つでも多くのタイトルを」

2021年06月10日 15時49分

酒井宏樹

 J1浦和は10日、フランス1部マルセイユから日本代表DF酒井宏樹(31)が、完全移籍で加入すると発表した。

 酒井は2012年にJ1柏からドイツ1部ハノーバーに移籍し、16年からマルセイユでプレー。日本代表でも14、18年のW杯にも出場した。浦和での背番号は「2」で、Jリーグへの復帰は9年ぶりとなる。

 酒井は、クラブを通じ「このたび、浦和レッズに加入することになりました酒井宏樹です。浦和レッズという伝統ある偉大なクラブの一員になることができ、大変光栄に思います。チームのコンセプトを理解し、1日でも早くピッチ内外でチームに貢献できるようベストを尽くしていきます。一つでも多くのタイトルを熱きレッズファン・サポーターのみなさんと共に喜びあうためにがんばっていきますので応援よろしくお願いします!」と意気込んだ。

 現在は、酒井はオーバーエージ(OA)枠の一員として、U―24日本代表合宿に参加中。世界で活躍してきた酒井の加入は、浦和にとって大きなプラスになりそうだ。

関連タグ: