【Jリーグ】神戸がイニエスタの“神パス”で逆転

2020年08月02日 15時38分

 J1神戸がMFイニエスタ(36)の〝神パス〟で逆転に成功した。

 アウェーの札幌に乗り込んだ神戸は前半29分に先制を許す苦しい展開となったが、直後の31分にMF山口蛍(29)のゴールでまず同点に追いつく。


 そして前半終了間際の45分にワールドクラスのプレーが飛び出した。

 イニエスタがセンターサークルの手前から前方へロングフィード。右サイドを駆け上がったDF西大伍(32)にピタリと合わせて一気に決定機をつくり出し、最後は西からのパスを受けたFWドウグラス(32)が押し込んだ。元スペイン代表のスターが約50メートルの超ロングパスを精密機械のごとくピタリと決めて値千金の勝ち越し点をもたらした。

 神戸は直近2試合で勝利から遠ざかっており、大黒柱のイニエスタを中心にここから浮上のきっかけをつかみたいところだ。