J1横浜FC・皆川の意外な自粛ライフ

2020年07月30日 19時53分

オンライン会見に応じた皆川

 J1横浜FCの元日本代表FW皆川佑介(28)が意外な〝自粛期間ライフ〟を明かした。

 2月下旬に開幕したJリーグは新型コロナウイルス禍で約4か月間中断。選手らも自粛生活を余儀なくされた。皆川は「家で自粛する時間が多かったので、普段できないことだったり、(今までは)家族と過ごす時間がなかったので、家族とコミュニケーションを取っていました」と振り返った上で「庭いじりであったり、ヨガであったり、ケーキ作りだったり、子どもが喜ぶようなことを自分が時間と手も空いているので、子どもたちにストレスを与えないようにやっていた」と父親らしい一面をのぞかせた。

 当然、活動の制限はあったものの「時間もあるので、自分に投資する時間は増えた。ネガティブに考えずに、できることを最大限楽しもうと。まあ全部は子どもファーストだけど、貴重な時間にもなったし、子どもたちもコロナウイルスのことを感じてくれて、外に出掛けるときにマスクをしたり、手洗いうがいも率先してやってくれたので無駄な時間ではなかった」と充実した表情を浮かべた。