【WWE】中邑真輔が醜態 ピアノの上で3カウント聞く

2020年02月22日 17時25分

中邑はピアノの上のパワースラムでストローマンに屈辱のフォール負け(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【アリゾナ州グレンデール21日(日本時間22日)発】当地でWWEスマックダウンが行われ、中邑真輔(39)がIC王者の“巨獣”ブラウン・ストローマン(36)に衝撃の敗北を喫した。

 セザーロと組みストローマン、アライアス組と「シンフォニー・オブ・ディストラクション・エニウェアフォール戦」で激突。場外に様々な楽器が置かれる中で、中邑はストローマンにギターショットを浴びせて主導権を握る。さらにはセザーロとの連係でコントラバスに叩きつけ、ロックスターらしい大暴れを見せた。

 ところがセザーロがアライアスのダイビング・エルボー・ドロップで試合から排除されると、一転して窮地に陥る。最後はストローマンに捕まり、なんとピアノ上へのパワースラムで3カウントを奪われてしまった。

 今年1月にIC王座を奪われたストローマンとの抗争が続いており、因縁は日に日に深まるばかり。果たして王座奪還へのチャンスをつかむことができるか――。