【スターダム】中野たむ&なつぽいがゴッデス王座挑戦を受諾 「やるしかないでしょ!」

2022年07月30日 18時13分

ゴッデス王座挑戦を表明した勝利した中野たむ(左)となつぽい(東スポWeb)
ゴッデス王座挑戦を表明した勝利した中野たむ(左)となつぽい(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」の〝妖精〟なつぽい(27)に、タイトル取りのチャンスが訪れた。

 30日大田区大会の第0試合では、中野たむとのコンビで6チーム参加のガントレットマッチに出場。最後は大江戸隊のスターライト・キッド&フキゲンです★との対戦となり、なつぽいはフキゲンをフェアリアルギフト(変型ダイビングボディープレス)で沈めた。

 試合後、中野から「名古屋でFWC(コグマ&葉月)からタッグの逆指名を受けたけど、どうなの?」と振られると、なつぽいも「たむちゃんはどうなの?」と問いただす。直後に2人は「やるしかないでしょ!」と声をそろえた。

 24日名古屋大会でゴッデス王座のV4に成功した王者のFWCから「『革命を起こす』とかふざけたこと言ってる中野たむ、なつぽいと防衛戦がしたい」と指名を受けていた。

 なつぽいは9日の立川大会で「ドンナ・デル・モンド」を裏切り、中野率いる「コズミック・エンジェルズ」に加入したばかり。早くもタイトル取りのチャンスが訪れることになる。

 中野は「なっちゃんとなら、何でもかなえられそうな気がしている。たむとなっちゃんでゴッデス取って、白川(未奈)とウナギ(サヤカ)とSAKIにはアーティストのベルトを狙ってほしいと思っています。コズミック・エンジェルズがユニットのベルトを総取りします。コズミックレボリューション、信じてついてきてください」と目を輝かせた。

関連タグ: