【スターダム】羽南 フューチャー王座最多防衛記録V7を樹立「今までで一番危なかった」

2022年06月28日 22時50分

稲葉ともか(左)と激戦を繰り広げた羽南(東スポWeb)
稲葉ともか(左)と激戦を繰り広げた羽南(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」の羽南(17)が、フューチャー・オブ・スターダム王座の最多防衛記録「V7」を樹立した。

「JUST TAP OUT」の稲葉ともか(19)と28日の後楽園ホール大会で、V7戦で激突。稲葉のセコンドには同団体出身の舞華が就いた。

 試合はどちらも譲らない互角の攻防を繰り広げ、中盤に差しかかったところで、王者は左足への集中攻撃に苦しめられた。連続エルボーで反撃するも、アンクルホールドで捕獲される場面が続く。それでもタップはせず、試合は15分時間切れの引き分けとなった。

 ルール上、王座防衛となった羽南はこれで、第2代王者の林下詩美と並んでいた最多防衛記録を「V7」に更新。「本当に良かった。今までで一番危なかったです」と安堵の表情を浮かべた。

 次期挑戦者には、7月9日の東京・立川ステージガーデン大会で一騎打ちする月山和香を指名。「このベルトにお互いの気持ちをぶつけ合いましょう」という羽南からの言葉に月山は涙を浮かべながら握手をし、同シングルマッチがフューチャー王座のV8戦になることが確実となった。

 勢いづく王者は、このまま記録を伸ばし続けるのか注目だ。

関連タグ: