【スターダム】ジュリアの髪が再びピンチ! “怨敵” プロミネンスが無法要求「丸刈りよりダメージでかいよ」

2022年02月22日 06時15分

ジュリア(左)を蛍光灯で襲おうとする鈴季すず(東スポWeb)
ジュリア(左)を蛍光灯で襲おうとする鈴季すず(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」の〝お騒がせ女〟ジュリア(28)の髪が再びピンチだ。

 元アイスリボン勢5人によるハードコア&デスマッチユニット「プロミネンス」が、21日の後楽園大会に来襲。世羅りさ、藤田あかね組が、ジュリア率いる「ドンナ・デル・モンド」のワールド王者・朱里&テクラと対戦した。

 試合は時間切れドローとなり、世羅は「20分じゃ足りねえな。今日は決着つかなかったけど、両国ではお前らの知らねえプロミネンスを見せてやるよ」と改めて3月26、27日の2デイズで行われる東京・両国国技館大会への出場を求めた。

 だが、これだけでは満足しない。ジュリアとの直接対決を視野に入れつつ「私たちはハードコア&デスマッチユニットだよ。あなたがスターダムでやっていた瓦を割るようなものじゃないよ。私たちのハードコアをやる勇気、あるか?」と挑発。その上で「負けた方がモヒカンとかね。丸刈りよりダメージでかいよ」とニヤリ。昨年3月の敗者髪切りマッチで中野たむに敗れ、ジュリアは丸刈りとなった。ようやく髪が伸びてきた矢先だが、果たして――。

関連タグ: