【スターダム】「東スポ大好き」が優勝逃す 本紙使った凶器攻撃が味方に誤爆

2021年11月14日 14時33分

東スポを持っての攻撃が誤爆するフキゲンです★(左)と鹿島沙希(東スポWeb)
東スポを持っての攻撃が誤爆するフキゲンです★(左)と鹿島沙希(東スポWeb)

 女子プロレス「スターダム」の迷惑系タッグチーム「東スポ大好き」(鹿島沙希、フキゲンです★)が、タッグリーグ「ゴッデス・オブ・スターダム」最終戦(14日、後楽園ホール)で敗れ、2勝3敗の勝ち点4で優勝を逃した。

 すでに優勝決定戦進出の可能性が消滅している「東スポ大好き」はこの日、葉月、コグマ組と対戦。試合前には計画通りホットプレートで焼いた東スポ餃子を食した。試合が始まると、ここまでのリーグ戦の集大成とばかりに東スポを凶器に使い戦った2人だったが、最後は鹿島とフキゲンです★がそれぞれ放った東スポによる打撃が味方に誤爆。その間に鹿島がコグマに、フキゲンです★が葉月に丸め込まれて3カウントを奪われた。

 最後の最後に東スポの打撃武器としての有効性を自ら負けることで証明した鹿島は、なぜか「ふざけんな、東スポ!」と絶叫。フキゲンです★と共に新聞紙を蹴り飛ばしリングを降りた。

関連タグ:

ピックアップ