【スターダム】「実は昨日会ったんです」朱里がジュリアとの“絆のネックレス”でリーグ戦V誓う

2021年09月17日 10時00分

中野を流炎でマットに叩きつけた朱里
中野を流炎でマットに叩きつけた朱里

 女子プロレス「スターダム」のSWA世界王者・朱里(32)が、盟友ジュリア(27)との〝絆のネックレス〟でシングルリーグ戦「5★STAR GP 2021」優勝を誓った。

 開催中のリーグ戦で朱里はブルースターズにエントリーし、16日までに4勝2敗1分けの勝ち点9。16日の後楽園大会ではワンダー王者の中野たむを激闘の末に流炎でマットに叩きつけ3カウントを奪い「ジュリアはあんな面白いやつと戦っていたんだと思いました。これからもやり合いたい。残り絶対に2勝して優勝します」と力強く叫んだ。

 その相棒とは優勝決定戦で戦うことを約束していたが、ジュリアが首の負傷のため欠場を余儀なくされ、かなわぬ夢となった。朱里は「ジュリアにはしっかりケガを治してもらって。自分がジュリアの分まで頑張って優勝したい」ときっぱり。さらに「実は昨日(15日)ジュリアと会ったんです」と明かした。

 その際に渡したのが、2人が好きなアクセサリーブランド「ジャスティン デイビス」のネックレスだ。欠場で気落ちする相棒に少しでも喜んでもらおうとの粋な計らいで「金と銀のクマのネックレスなんですけど、プレゼントしました。金はジュリアで、私は銀。おそろいなんですけど、喜んでくれましたよ。これから治療だけど、とりあえずは元気そうで安心しました」と笑顔。並び立つ日を待ち続けるとして「会って、なおさらジュリアの分も頑張りたいって思いましたよ!」と力を込めた。

 優勝した先には林下詩美が持つワールド王座の奪取を見据える。パートナーの復帰を最高の状態で迎えるべく、勝ち続けるつもりだ。

関連タグ:

ピックアップ