【新日本・G1】史上初3連覇狙う飯伏が覚醒タンガに辛勝で2敗キープ「今日はまぐれ勝ち」

2021年10月07日 21時52分

タンガを仕留め2敗をキープした飯伏
タンガを仕留め2敗をキープした飯伏

 新日本プロレス7日広島大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、前年度覇者の飯伏幸太(39)がタンガ・ロア(38)を下し5勝目を挙げた。

 怪力のみならず、その場飛びムーンサルトプレスも使いこなす驚異の身体能力に苦戦を強いられた。飯伏も持ち前のパワーを生かしシットダウン式パワーボムで反撃に出たが、カミゴェを防がれると掟破りのリバースカミゴェを浴びてしまう。

 ジャーマンとリバースフランケンシュタイナーの応酬から、カミゴェにカウンターのスピアーを浴びてしまった飯伏だったが、タンガの必殺エイプシットだけは許さない。体を入れ替えてツームストーンパイルドライバーで突き刺すと、最後はカミゴェを叩き込んで3カウントを奪ってみせた。

 辛勝の飯伏は〝覚醒〟したかのような強さを発揮したタンガを「予想通りすごいな…。タッグじゃもったいない。今からでもシングルプレーヤーになったほうがいい。本当にすごい。これが遺伝子ですか…」と絶賛。「まあ今日はまぐれ勝ちですか。でも1勝は1勝。ちゃんと、ヒザで仕留めたんで…。でも新しい技を、編み出しておかないと…。G1はいろいろありますけど、楽しいですよ、非常に…」と、自身の進化も誓っていた。

関連タグ:

ピックアップ