新日本プロレスが3月15日までの興行中止を決定 DDTも9大会中止

2020年02月26日 21時41分

新日本プロレス

 新日本プロレスは26日、新型コロナウイルスの感染拡大による政府からの大規模イベント自粛要請を受け、3月15日までの興行を中止すると公式ホームページ上で発表した。

 該当するのは3月1日の茨城・リリーアリーナ(水戸市民体育館)大会から、同14日の千葉・幕張メッセ国際展示場大会までの11大会。同3日の東京・大田区総合体育館大会は旗揚げ記念日大会で、同4日の後楽園ホール大会で「NEW JAPAN CUP」が開幕する予定だった。

 なお、26日の沖縄県立武道館大会は予定通り開催され、これが中止前最後の大会となった。3月16日以降の開催可否については「状況を注視しながら発表させていただきます」とした。

 またDDTも、28日から3月8日までDDTグループ(DDT、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス)の9大会を中止すると26日に発表。このうち5大会は、都内道場で無観客試合として行い、動画配信サービス「DDTユニバース」で配信される。