【東京女子】辰巳リカ、渡辺未詩組がタッグT初優勝 王者・マジラビに挑戦表明

2022年02月11日 16時13分

勝利した辰巳リカ(左)と渡辺未詩(東スポWeb)
勝利した辰巳リカ(左)と渡辺未詩(東スポWeb)

 東京女子・11日の後楽園ホール大会で、第2回〝ふたりはプリンセス〟Max Heartトーナメント決勝戦が行われ、「白昼夢」こと辰巳リカ、渡辺未詩(22)組が天満のどか、愛野ユキ(27)組を下し初優勝した。

 試合は攻防が激しく入れ替わる白熱の展開になったが、白昼夢が辰巳のテクニックと渡辺のパワーを巧みに連携させて徐々にペースを握ることに成功。最後は天満に合体技「白昼夢エタニティ」を決めてから辰巳がコーナー最上段からのミサイルヒップでとどめを刺して歓喜の3カウントを奪った。

 試合後、辰巳はトロフィーを手に「この2人で勝ち取りました!」と絶叫。さらにプリンセスタッグ王者の「マジカルシュガーラビッツ(マジラビ)」の坂崎ユカと瑞希を呼び出すと「権利はあると思います!」と3月19日の東京・両国国技館大会での挑戦を表明した。

 これを1月15日の1回戦でハイパーミサヲ、中島翔子にまさかの敗北を喫しトーナメントから姿を消していた王者組が断る理由はない。「1回戦で負けてだいぶ気を引き締めたので前よりもチャンピオンらしく、抜かりなく守っていくから!」と受諾した。

 トーナメント覇者VS王者の一戦、勝つのはどちらになるか。

関連タグ: