現3冠ベルトに刻まれた初代王者の名前

2015年02月15日 09時01分

ベルトに刻印されたジャンボ鶴田の名前

【プロレス・トリビア(2)】歴史と伝統を誇る全日本プロレスの至宝、3冠ヘビー級王座。PWFヘビー級、インターナショナルヘビー級、UNヘビー級の3タイトルが統一されたもので、昨年8月までは3本のベルトが使用されていた。歴代王者たちは、その重み(3本だから本当に重い)を感じたものだ。

 だが、所有権を持つ故ジャイアント馬場家から返還の申し出があったため、昨年10月からは現行のベルトが新たに作られ現在に至る。公表はされなかったが、ベルトの後ろ部分には初代王者である故ジャンボ鶴田さんの名前と統一の日付(1989年4月18日)が刻印されているのだ。

「初代王者に敬意を表したということです」(全日プロ関係者)。現王者の潮崎豪(33)はもちろん、これからベルトを巻く選手は偉大な大先輩の歴史を背負って戦い続けることになる。