大仁田厚が無観客試合の寂しさ指摘「こんなにお客さんがありがたいと感じたことはない」

2020年06月23日 16時45分

大仁田厚

 ボランティアレスラーの大仁田厚(62)が23日、ツイッターで、無観客で開幕したプロ野球とプロレスについて熱く語った。

 大仁田は「快音が鳴り響く球場 しかしお客さんはいない 外野スタンドボックス席にボールが当たり『ズボッと』椅子の底が抜ける音が印象的だ こんなにお客さんがありがたいと感じたことはないのだ」と無観客試合の“物足りなさ”を指摘。

 さらに「ホームラン大観衆が総立ちになる 大技を繰り出せば立ち上がり拳を握りしめる 普通に思われたことがコロナ禍の影響でお客さんとの距離が遠い また普通にお客さんとの距離を取り戻したい 球場もリングもそれを待っているんだ!」と一日も早い観客を入れての試合開催を待ち望んでいる。