バーネットがノア上陸発言 「スギウラ・アーミーに興味がある」

2020年02月26日 16時35分

バーネットは2017年4月の鈴川(右)戦以来、日本で試合をしていない

 元UFC世界ヘビー級王者のジョシュ・バーネット(42=米国)が、プレーヤーとして日本再上陸を熱望した。日本のリングから約3年遠ざかっており、名伯楽のイメージもつきつつあるが、3月には総合格闘技戦が決まり、まだまだ現役の最前線に立つ。日本マット界への精通ぶりは相変わらずで、格闘技イベント「RIZIN」参戦への思いはもちろん、“あの軍団”にもまさかの宣戦布告を放った。

 今回は愛弟子、ビクター・ヘンリー(32=米国)のRIZIN浜松大会(22日)参戦に合わせて来日。金原正徳(37)にTKOで勝利した秘蔵っ子の指導者としてサポートしたが、プレーヤーとしてもすでに次戦が決定済みだ。米国の格闘技イベント「ベラトール 241」(3月13日、コネティカット州)でホニー・マルケス(31=ブラジル)と対戦する。

 ベラトールは昨年末に対抗戦を行うなどRIZINと友好関係にある。それだけにバーネットは「俺自身は日本での試合を望んでいるし、ベラトールとの契約さえクリアすれば、RIZINに出る準備もある。そのために、ファンは俺をプッシュしてほしい。SNSやEメールで、RIZINの運営に『バーネットを出せ』と要望を送ってくれ」と、笑顔で選手としての参戦にも意欲を見せた。

 日本での試合となれば2017年4月5日、IGF・NEW後楽園大会で鈴川真一(36)と対戦して以来となるが「そういえば、ノアがビッグカンパニー、サイバーエージェントの傘下に入ったそうじゃないか」と、さすがの日本通ぶりを発揮してニヤリ。続けて「ノアのスギウラ・アーミー(杉浦軍)に興味がある。友人の杉浦貴、藤田和之、桜庭和志がいて、教え子の鈴木秀樹もいる。彼らの一員になりたい気持ちもあるけど、このメンバーは強すぎると思うんだ。だから強い挑戦者が必要なんじゃないか。そのために俺が対角線に立つよ」とぶち上げ、まさかのノア上陸と、杉浦軍との対決に意欲を見せた。

 ノアが先陣を切る形になった日本マット界再編の動きについても言及。「大きい会社が、ビジネス的に厳しい会社を助けることはよくある。ビジネスとしてのプロレスが再興するチャンスだと思う」と期待を寄せる。

 その一方で「ただ、経理やファイナンスにたける人だけでなく、プロレスを知っている人を大事にしてほしい。そうしないと明日のプロレスがなくなってしまうから」との提言も忘れなかった。

 相変わらずの“ニホンオタク”ぶりを見せつけたバーネットの今後の動きに期待してよさそうだ。