広島ドラフト2位・森翔平「カーブの精度をまだまだ上げていかないと」

2022年01月08日 21時30分

ドラ2左腕の森(東スポWeb)
ドラ2左腕の森(東スポWeb)

 さらに磨きをかける。広島のドラフト2位ルーキーの森翔平投手(24=三菱重工West)が8日、広島県廿日市市の大野練習場で行われた新人合同自主トレで初日を迎えた。前日7日に入寮し、夕食にサバのみそ煮と肉炒めの食事を摂ったという。「ご飯の種類が多くて、栄養ある食材もあった」と笑顔を見せた。

 この日のキャッチボールはドラフト5位の松本竜也投手(22=ホンダ鈴鹿)と行い、カーブを多投。森は「社会人の時もカーブは多めだった。バランス良く、軌道や体の使い方を意識してやっていました」と話した。自身が満足するカーブにはまだ遠く「フォーム的な問題もそうだが、まだまだ精度を上げていかないと。練習からどんどん取り入れたい」とした。

関連タグ: