巨人のドラ7・花田侑樹が入寮 地元のゆるキャラ「花田舞太郎」も帯同

2022年01月07日 17時09分

北広島町のイメージキャラクター「花田舞太郎」を持参したドラフト7位・花田侑樹投手
北広島町のイメージキャラクター「花田舞太郎」を持参したドラフト7位・花田侑樹投手

 巨人のドラフト7位・花田侑樹投手(18=広島新庄)が7日に、神奈川・川崎市内にある球団寮に入寮した。

 初々しい学ラン姿でリモート取材に応じた花田は「今日からプロ野球生活が始まるという気持ちです」と意気込み。新たな生活拠点となるジャイアンツ寮には「寮にはプールとかもあって、高校の時とかとは全然違う充実した寮なので、それを使いながらしっかりやって行けたらと思います」と目を輝かせた。 

 新生活の相棒には、自身と縁のあるキャラクターを選んだ。「地域のキャラクターのぬいぐるみを持ってきました。名前が花田舞太郎(はなだもうたろう)という名前でたまたま自分と一緒。町長のところに挨拶に行った時にもらいました」。地元である広島・北広島町のイメージキャラクターで、同町が誇るユネスコ登録の無形文化遺産「壬生の花田植」の飾り牛がモチーフとなっている。

 地元で初めてのプロ野球選手誕生ということもあり「自分の地元なので、そういう思いを忘れずにやってきたいという感じです」と、舞太郎の帯同を決めたようだ。

 故郷を思い出させてくれる味方を側に置き、新たなステージへ。「今持っている自分の力を出していきながらレベルアップして一生懸命やっていきたい。ケガ無く体を作って活躍できるように頑張りたいと思います」と、力強く目標を語った。

関連タグ:

ピックアップ