ヤクルトドラ5・竹山は入寮に〝経営の神様〟の著書を持参「もう一回読み直して原点に」

2022年01月07日 00時00分

稲盛和夫氏の本を2冊持って入寮した竹山(東スポWeb)
稲盛和夫氏の本を2冊持って入寮した竹山(東スポWeb)

 原点に立ち戻る。ヤクルトのドラフト5位・竹山日向投手(18=享栄高)が6日、埼玉県戸田市の球団寮に入寮した。持参したのは京セラ、KDDIの創業者で〝経営の神様〟と呼ばれる稲盛和夫氏(89)の本だ。

 高校の先生からもらったという「考え方」と自身で購入した「生き方」の2冊だ。「考え方」からは「投げる上での考え方だったりをヒントにしていたので」と明かし「一からもう一回読み直して原点に戻ろうかなと」と話した。

「生き方」はまだ途中だ。それでも既に付せんがびっしり。「いいことが書いてあると思う。しっかり読んでいきたい」と語る。目標はチームメートになった奥川。「しっかりと体をつくって、いずれ球界を代表するような投手になりたい」と意気込んだ。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ