阪神の育成ドラ1・伊藤稜が入寮「1月からいろいろアピールできれば」

2022年01月06日 16時19分

高反発マットレスを自室へ持ち込んだ伊藤稜(球団提供)
高反発マットレスを自室へ持ち込んだ伊藤稜(球団提供)

 阪神の育成ドラフト1位・伊藤稜投手(22=中京大)が6日、兵庫・西宮市内の若手寮・虎風荘に入寮。「今からプロ野球の生活が始まる。体調面はすごくいいので、しっかり1月からいろいろアピールできれば」と9日から始まる新人合同自主トレへ向け決意を新たにした。

 エアウィーブの高反発マットレスを自室へ持ち込んだという左腕は「自分は結構人見知りなタイプだと思うので、時間をかけてゆっくり(新たなチームメートと)いろいろな話を聞ければ」と笑顔。「野球をやっている全ての子供たち、野球を知らない方でも野球をやってみたいと思ってもらえるような、夢を与えられる選手になります」と力強く語った。

関連タグ: