西武・平良海馬が右足首を手術 実戦復帰に3か月

2021年10月27日 10時59分

手術した平良海馬(東スポWeb)
手術した平良海馬(東スポWeb)

 西武は27日、今季途中から守護神を務めた平良海馬投手(21)が23日に都内病院で「右足後方インピンジメント症候群に対する関節鏡視下骨片除去術」を受け無事成功したと発表した。

 実戦復帰には3か月を要す見込みだという。

 平良は今月15日に右足首痛のため出場選手登録を抹消されていた。

 今季開幕から無失点記録を続けた平良は藤川球児の持っていた38試合連続無失点記録を更新する39試合連続無失点記録を樹立。シーズン途中からクローザーに配置転換され62試合で3勝4敗20セーブ、21ホールド、防御率0・90をマーク。パ・リーグでは初となる「20セーブ、20ホールド」を達成した。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ