ルーキーなのに渋い! 阪神ドラ6・中野 攻守で〝いぶし銀〟の活躍

2021年04月10日 18時56分

阪神・中野拓夢

 阪神は10日のDeNA戦に4―0で快勝。両リーグ最速で10勝に到達し、首位の座をしっかりとキープした。

 先発の青柳は7回無失点の好投で2勝目。中軸の大山、サンズも快音を響かせるなど投打がかみ合う一戦だったが、なかでもこの日「8番・遊撃」としてプロ初のスタメン出場を果たしたドラフト6位ルーキー・中野拓夢内野手(24)の〝渋い〟働きが攻守で光った。

 1点リードの7回、二死一、三塁のピンチで、戸柱の放った遊撃への鋭いスライス性のライナーを好捕。一打同点のピンチを脱出するビッグプレーで存在感をアピールした。

 特筆すべきは、あらかじめ二塁ベース寄りにとった守備位置の妙。ベンチからの指示も頭に入れつつ「(戸柱の)スイングなども見ながら『この辺に(打球が)来そうだな』という自分の勘を頼りにして守備位置をとった。狙い通りでした」と充実感を漂わせた。球際の強さを含め、渋い。

 打っては4打数1安打。5回の第2打席で技ありの中前打を放つと、9回一死二、三塁の第4打席では相手守備の野選を誘い1打点。貴重なダメ押し点を渋くチームにもたらし、直後にはプロ初盗塁もマークした。

〝実戦型〟としての特性をいかんなく発揮したルーキーを矢野監督も称賛。「(7回の守備は)本当にいいポジショニングだった。足もよく動いてたしバッティングもいいポイントで打つ。明日(11日、DeNA戦)も使ってみようかな」と目を細める。

 ルーキーなのに渋い。24歳にして、いぶし銀。ニューカマーがチームにもたらした新たな色彩が、矢野阪神をよりカラフルに輝かせる。

関連タグ: