楽天・石井GM兼監督が涌井を開幕投手、田中将を2戦目先発に決めた意図

2021年02月27日 17時54分

ヤクルト戦のベンチで登板した田中将(右)と話す石井GM兼監督

 楽天・石井一久GM兼監督(47)が27日、開幕ローテーションに言及し、3月26日の日本ハムとの開幕戦の先発を涌井秀章投手(34)、第2戦を田中将大投手(32)に託すことを発表した。

 田中将の実戦2戦目の登板となったヤクルト戦(浦添)後、口を開いた石井監督は「まず開幕は涌井投手で行くことを決めました。また2戦目に関しても田中投手で行くことを決めているので、よほどズレがない限り、その順番で戦っていこうと思います」と語った。

 開幕を涌井に託す理由について指揮官は「昨年もしっかりイニングを投げてくれましたし勝ってくれた。チームのために貢献した一番のピッチャーなので、まず先陣を切ってもらいたい」と説明。2戦目の田中将についても「だいたい土曜日ってナイター明けのデー(ゲーム)とか変化のある曜日なんですけど、そこでしっかり勝っていただきたいというか。涌井で勝って田中で勝って3連戦を勝ち越すというのを理想としているので、そこに強いピッチャーを2人持ってきた」と意図を語った。

 2人合わせて計321勝、同20度の2ケタ勝利実績を表ローテの軸とする今季の楽天。開幕3戦目の先発公表については「いただけませんね。すいません」と明かさなかった石井監督だが、この2人のほかに則本昂、岸、早川が控える先発5本柱がライバル球団に与えるプレッシャーは間違いなく大きそうだ。

関連タグ: