阪神OB・川尻哲郎氏 東京・新橋に虎ファンの〝聖地〟を築く!

2020年11月28日 20時05分

居酒屋「虎尻」をオープンさせる川尻哲郎氏

 1990年代後半の阪神投手陣を支えた元投手・川尻哲郎氏(51)が後輩の虎戦士たちへ熱いエールを送った。

 12月1日から東京・新橋で「虎戦士居酒屋 虎尻」をオープンする川尻氏は「このお店が在京の阪神ファンの皆様の〝聖地〟になってくだされば。来季こそ阪神の選手たちには頑張ってほしいですね」と15年連続でリーグ制覇から遠ざかっている後輩たちの、来季巻き返しへ強い期待を寄せた。

「虎尻」開店に先だって行われたレセプションには同球団OBの星野おさむ氏(50=現BC福島GM兼総合コーチ)ら、かつての同僚たちも出席。七色の変化球で一世を風靡した背番号19の新たな門出を祝った。

 新型コロナウイルスの第3波が東京を中心に猛威を振るう中、逆境からのスタートとなるが、感染症対策に抜かりはない。入店時の検温、アルコール消毒は当然として、店舗内の壁面はウイルスを分解する性質で知られる光触媒でコーティング。最大で40人前後が収容可能な店内も、当面はソーシャルディスタンス確保のため、20人前後に収容を制限して営業を行っていくという。

 昨季まで阪神の一軍打撃コーチを務めた浜中治氏や、同球団OBの広沢克実氏も、今後店内でのトークショー等に出席予定とのこと。球界にも飲食業界にも、失われた日常が一日も早く戻るよう今は祈りたい。