広島・ケムナがブルペンで35球 今季41試合登板も「疲れは感じていない」

2020年11月22日 20時15分

広島・ケムナ誠

 広島のケムナ誠投手(25)が休みなく鍛錬の秋を送っている。

 22日、マツダスタジアムでの秋季練習ではブルペン入りし35球の熱投。「今は変化球は投げずに真っすぐだけ。コーナーの投げ分けと低めに強い球をシュート回転せずに投げられるように意識している」とテーマを持って取り組んでいる。

 3年目の今季は7月5日に一軍昇格すると150キロ超えの直球を武器に頭角を現し勝利の方程式入り。41試合に登板し防御率3・88と台頭した。

 それだけに他の投手陣のようにノースローで肩を休める選択もあるはずだが「同じ感覚でオフに入りたい。疲れは感じていない。来年以降も同じような成績もしくはそれ以上を出せるようにしっかり取り組みたい」とキッパリ。

 ひと息つく間もなく来季を見据えている。