コロナ大量離脱の阪神が福留ら11人に制裁金

2020年10月11日 20時29分

阪神・福留孝介

 阪神は11日、福留孝介外野手(43)、岩貞祐太投手(29)、岩崎優投手(29)、浜地真澄投手(22)ら10選手とチームスタッフ1人の計11人に対し「レポートならびに面談内容を鑑み、各人に対しては球団内規に則り」制裁金を科したと発表した。

 福留、岩貞らは最大4人という球団内規を、岩崎、浜地らは同一ポジションのメンバーは極力避けるべきというルールをそれぞれ違反し、その結果、新型コロナウイルス感染者を出すなど大量離脱を引き起こす事態となっていた。徴収した制裁金は慈善団体に寄付する予定という。