若虎・小幡〝地元のライバル〟巨人・戸郷打ち初お立ち台! 復帰・糸原にも「負けたくない」

2020年09月04日 22時45分

お立ち台に上がった(左から)大山、小幡、西勇

 阪神・小幡竜平内野手(19)が4日の巨人戦(甲子園)の6回に左翼線への適時打をマーク。チームの勝利に大きく貢献し、初のお立ち台にも上がった。

 高校時代、宮崎選抜のチームメートでもあった同学年のライバル・戸郷から打点をもぎ取った高卒2年目の若虎は「活躍している同級生だけに『絶対やってやろう』という気持ちで打席に立った。打った瞬間には『ファールかな』と思いました」と19歳らしくはにかんだ。

 この日、チームの主将でもある糸原が一軍に復帰。二塁のレギュラー争いはますます激しくなるが「誰にも負けたくない」と力強く言い切った。