ソフトバンクが一軍帯同寮生の陰性を確認 一軍の楽天遠征は予定通り

2020年08月02日 18時00分

 ソフトバンクは2日、監督・コーチ、選手、スタッフ全員(約200人)に対してPCR検査を実施し、ペイペイドームとタマスタ筑後の消毒作業を行ったと発表した。

 1日に長谷川勇也外野手(35)の新型コロナウイルス感染が判明。球団は、同選手が二軍調整中だったため「ファーム施設を利用している一軍選手・スタッフを経由しての新型コロナウイルス感染の可能性を否定できない」(地域アドバイザー=泉川公一長崎大学教授)との見解を受けていた。

 現時点で受検者全員の結果判明には至っていないが、一軍帯同の寮生ら7人に関しては、先んじる形で1日の夜にPCR検査を実施。この日までにすべての陰性を確認した。これにより、現時点での一軍監督・コーチ、選手、スタッフについてはファーム施設の利用者を経由した新型コロナウイルス感染の可能性はないと判断。3日までに全体のPCR検査の結果が出揃った上で、一軍は同日に行われる福岡での全体練習終了後に4日から始まる楽天戦に備え仙台入りする予定だ。

 この日、オンライン会見を行った三笠杉彦GMは「一軍の活動に支障はないと考えている。我々が大丈夫と思っても不安に思われる方もいらっしゃるので(一軍帯同する寮生以外の)陰性の結果をもって移動したい」と語った。また、一軍帯同の寮生は現在、寮には戻っておらず、遠征から帰福後の帰寮についても、今後のファーム活動の動向を見ながら適切な判断を行う方針だ。

 なお、球団はこの日、ファーム選手1人について発熱を伴う体調不良を訴えた選手がいたことも公表。現在、寮内で適切な隔離措置を取った上で生活しているとし、この日実施されたPCR検査の結果を待つとした。