楽天・久保裕也が今季初勝利 松坂世代の最長寿候補

2020年08月01日 14時00分

今季初勝利を挙げた久保裕也(左)

「もしかしたら松坂世代の中で最も長く現役を続けるのではないか」。球界関係者の間でこうささやかれているのが30日のロッテ戦で今季初勝利を挙げた楽天の久保裕也投手(40)だ。現役選手残り5人となった“松坂世代”の中でも高評価を受ける背景には「適応能力の高さ」と「低年俸」が大きいと言われる。

「久保はケガで苦しんだこともあるせいか、この年齢でも一、二軍を問わず『投げろ』と言われたところで投げてくれる。起用する側が重宝したくなる投手なんです。しかも経験豊富なのでピンチの場面でポンと出しても動じない。それでいて、年俸は2000万円弱ですから。今後大きなケガさえなければ仮に楽天から戦力外を受けても他球団から声がかかるはず。故障がちの松坂(西武)や藤川(阪神)、和田(ソフトバンク)ら起用法が難しい他の同世代より長く現役を続けられる可能性はありますね」(チーム関係者)

 初勝利を挙げた試合後、三木監督からも「すごく難しい場面で力を出せるのが素晴らしい」と絶賛された40歳。松坂世代の中では地味な存在になりつつあるが、この調子ならあと数年は期待できるか。