J1初昇格の町田が開幕戦で、躍進への〝可能性〟を見せた。

 黒田剛監督率いるチームは24日に行われた明治安田J1リーグ開幕戦のG大阪戦(Gスタ)で1―1と引き分けた。前半17分にDF鈴木準弥のPKで先制するも後半15分に、MF仙頭啓矢が2枚目の警告を受けて退場処分。一気に劣勢となり、後半39分にG大阪のMF宇佐美貴史にFKを決められて同点を許したが、相手の猛攻を必死に耐えて、引き分けに持ち込んだ。

 そうした試合展開で注目を集めたのが、1人少なくなった後で町田側が見せた時間稼ぎだ。特にGK谷晃生は遅延行為でイエローカードを受け、古巣のG大阪サポーターからブーイングを浴びながらも、終盤の劣勢で有効に時間を使って相手に勝ち越しを許さなかった。

 谷は試合後に「申し訳ない気持ちはあります、終わってみて。僕もやるしかなくて…。遅延行為という形になってしまいましたけど。あとでガンバの選手には謝りました」と異例の〝ざんげ〟。それでも時間稼ぎは、サッカーの世界で勝負に徹する上では重要な要素。チームに浸透させる覚悟をにじませた。

 また、町田の代名詞でもあるロングスローも効果的だった。〝投手〟を務めた鈴木は「そこはチームの戦術でもあるので、どんどん投げていく」とした上で「(右サイドは)僕が投げるし、左は(MF林)幸多郎が投げるという感じです」と両サイドで担当が分かれていると説明した。

 さらに、この日は途中出場だったDF望月ヘンリー海輝も投げることができ、まるで野球の継投のような多彩なロングスロー戦術が可能。今後の戦いぶりにも注目が集まりそうだ。