大谷翔平に続き、山本由伸(25)が12年3億2500万ドル(約465億円)の大型契約でドジャースに入団したことにより、米球界も騒然となっている。

 またしても争奪戦に敗れた他球団からすれば看過できない事態だ。USAトゥデイは「ヤンキース、メッツ、レッドソックス、ジャイアンツ、ブルージェイズなど、メジャーリーグのほとんどの強豪球団が山本の獲得を希望していたことを考えると、山本とドジャースとの12年総額3億2500万ドルの契約は球界を驚かせ、おそらくは唖然(あぜん)とさせた」などと報じた。

 まさに〝ドジャース無双〟ともいえる状況。大谷の後払い契約による条件面での〝後押し〟も否定はできない。米メディア「スポーツキーダ」は他球団ファンと見られるX(旧ツイッター)の投稿の数々を引用する形で「山本由伸のドジャースとの記録的契約にMLBファンが激怒。『大谷翔平が野球をダメにした』」との記事を配信。「ファンはドジャースのやり方に不満を持っている」とした。