新日本プロレスの成田蓮(26)が、EVIL率いる極悪軍団「ハウス・オブ・トーチャー(H.O.T)」に電撃加入し、大きな波紋を呼んでいる。将来を嘱望された男は、なぜ「ワールドタッグリーグ」期間中に新世代コンビを結成していた同期・海野翔太(26)を裏切り、よりによってH.O.Tの軍門に下ってしまったのか――。

 成田は6日佐賀大会のAブロック最終公式戦でEVIL、高橋裕二郎組と対戦。試合中に敵軍に寝返ると、海野に決別のイス攻撃を見舞いH.O.Tに加入した。

 昨年10月に凱旋帰国すると、今年から鈴木みのる、エル・デスペラードと「ストロングスタイル」を結成。NEVER6人タッグ王座を獲得した。海野、辻陽太とともに「令和闘魂三銃士」と称されていた男に、いったい何があったのか。

 本紙の取材に応じた成田によれば、共闘はH.O.Tから持ちかけられたものではなく、自身が直訴したものだったという。「ストロングスタイルも令和闘魂三銃士も、俺の周りに来るヤツはどいつもこいつもクズばっかりでヘドが出そうだった。つくづく自分が組む相手は自分で見つけないとダメだなと思ったよ。レスラーとしてもっと上を目指して、真の正統派スタイルを求めるのは当然のことだろ」と、加入の理由を説明した。

 EVILも、成田の〝潜在能力〟にはかねて目をつけていた。「ようやく正統派で勝負したいと決めたんだろうな。もともと、こっち側の人間だと思っていたんだよ。俺は(成田の異名の)サン・オブ・ストロングスタイルの頭文字が、アイツが出している〝SOS〟だということに気づいてたからな」と明かし、6人目の新メンバーを歓迎した。

 H.O.Tは、9月の金丸義信に続く新戦力獲得で、勢力拡大に成功。「自然の流れじゃないか? トップチームである俺たちに仲間が増えるのは当然のことだろ」と不敵な笑みを浮かべた。

 H.O.Tの一員となった成田は、連日にわたって海野にリンチを加え続けている。元盟友を「入場も技も見た目も、何もかも他の誰かのまねだし、何のオリジナリティーもない。(裏切ることは)最初から決めていたとはいえ、あんなコピーレスラーと一緒にいて恥ずかしくて仕方なかったよ。お前の悪影響で会社まで令和闘魂三銃士なんて言い出して、いい迷惑だったな、本当に」と一刀両断。理不尽な言葉を繰り返し、リング上で悪の限りを尽くすその姿に、かつての面影はすっかりなくなってしまった…。