オリックスの山下舜平大投手(21)が、3日、大阪・舞洲の球団施設で契約更改に臨み、3300万円増の4000万円でサインした(金額は推定)。「しっかり評価していただきましたし、もっともっとがんばろうという気持ちが強かったです。シーズン中だったので買えていないので、母や兄へ誕生日プレゼントを買いたいです」と目を細めた。

 今季は開幕戦で一軍デビューを果たすと、16試合に登板し9勝3敗で防御率1・61。最速160キロのストレートとカーブを武器に、新人王にも輝いた。それでも、8月下旬以降は腰の故障で離脱したこともあり「今年中10日いただいて、最後離脱という形になってしまって。来年は福也さん、由伸さんもいないので、中6日で1年回ってチームの優勝に貢献するということを約束したので、それに向けて準備してシーズンに臨みたいです」と話した。

 さらに「(自己採点は)70点ぐらい。ポストシーズンで投げたかったですし、手ごたえもありましたが、課題もたくさんある。来シーズンはもっとレベルを上げていきたい」と振り返った。

 今オフは新球種取得にも意欲を示した。「速い系ですね。怪我明けなので、練習にまだ時間を使えてないですけど、ちょっとずつ投げています。ずっと(新球種)欲しいなと思っていました。真っすぐカーブが生きるタイミングで投げたいですね」。

 来季は背番号も12から11へ変更となる。パドレスのダルビッシュや、日本ハム時代の大谷が背負った番号に「欲しかった背番号でもあるし、福也さんとかすごい先輩方がつけてきた番号なのでそれに負けないように頑張りたいと思います」と笑顔で話した。

 来シーズンに向け「ケガも順調に治っていますし、2月のキャンプからまた違う姿を見せれるように、真剣に野球に取り組んでいけたらと思います。今年以上の結果は絶対だと思いますし、チームの4連覇、日本一を取りにいきたいです」と力を込めた。