日本大学アメリカンフットボール部をめぐって、大学の寮で麻薬を所持した罪に問われている北畠成文被告(21)の初公判が1日、東京地裁で開かれた。黒色のスーツにマスク姿で出廷した北畠被告は「間違いないです」と起訴内容を認め、検察側は懲役1年6月を求刑した。

 法廷内で語られたのは、部内での薬物まん延の実態と日大のずさんな対応。北畠被告は今年7月に東京・中野区のアメフト部の寮の部屋で覚醒剤を麻薬と誤って認識し、所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われている。

 北畠被告は、高校3年時に大麻を友人と初めて使用し、大学入学以降は寮の部屋や屋上で部員らと使用していたという。部内での薬物使用の人数について問われると「10人程度だと思います」と証言した。 

 また7月に沢田康広副学長が、寮で大麻のような不審物を発見しながら「本人に自首させたい」として学内で保管し、警視庁への連絡が遅れた〝空白の12日〟が問題視されている。北畠被告は、学内の調査で大麻が見つかった際に「中村(敏英)監督が『沢田さんに見つかって良かった』と。もみ消すんだなと思って、少し安心しました」と話し、沢田副学長について「それぐらいの力がある人だと思った」と振り返った。

 北畠被告は中村監督に薬物について正直に話し相談などしていたが、学校から自首などの指示はなく、指示を待っている間に逮捕に至ったという。北畠被告の弁護人は「彼から自首の機会を奪った」と訴えた。