ブレイキン男子のパリ五輪代表に内定した半井重幸(ダンサー名・SHIGEKIX)が〝意外な特技〟を明かした。

 味の素社がアスリートを食事面から支える「ビクトリープロジェクト」が20周年を迎えたタイミングに合わせ、30日に都内で会見が行われ、SHIGEKIXと姉の半井彩弥(ダンサー名・AYANE)が出席。SHIGEKIXは「練習と同じくらい重要なピースになっている」と、味の素社のサポートに感謝の言葉を口にした。

 高校時代から栄養面に気を配っているSHIGEKIXだが、チートデーでは大食いぶりを発揮するという。AYANEは「実際に大会が終わって『みんなでご飯食べよう』って、その時は欧州だったので、ピザやパスタとかステーキとかがいっぱい出てきたが、みんな(大会前の食事管理などで)胃がちっちゃくなっちゃっているので、おなかいっぱいになるけど(SHIGEKIXは)1人でずっときれいになるまで食べていた」と当時を振り返った。

 当のSHIGEKIXも「僕はもうとにかくご飯を食べること自体がめちゃくちゃ好き。セーブしなくてよかったら、フードファイター以外では自分ほど食べる人を見たことないぐらい」とニヤリ。その上で「すしは何皿食べられるかわからないけど、パスタとかは普通に1人1皿でみんなが満足している量のところを3皿ぐらい食べたりする。それくらい実はポテンシャルがあるので」と周囲の笑いを誘った。

 普段は競技優先の食生活を送っている一方で、つかの間のチートデーがいい気分転換になっているようだ。