プロ野球の最強を決める日本シリーズがいよいよ28日から開幕する。2年連続の日本一がかかるオリックスはリーグ3連覇を果たし、CSファイナルステージを4勝1敗で突破。一方、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神はCSファイナルを無傷の4勝0敗で勝ち上がってきた。実に59年ぶりとなる「関西ダービー」を制するのはどちらか。

【日本シリーズ予想:得津高宏氏=オリックス4勝3敗】予想は難しいが、あえて優劣をつけるとするならばオリックスに「一日の長」があるとみる。3連覇を達成し、昨季は16年ぶりの日本一に輝いた。策士・中嶋監督は短期決戦の戦い方も心得ているだろう。

 エースの山本由伸はCSファイナルステージ初戦で今季最悪の7回5失点と確かに苦しんだ。だが、今オフはポスティングシステムを利用する形でMLB移籍が確実視されている。それだけに国内ラスト登板となる可能性大の日本シリーズではメジャーへのアピールも含め、史上最高レベルの投球を披露しそうな予感が漂う。そうなれば阪神打線も攻略は困難だ。

 左足首を負傷した杉本と、左手首違和感でCSファイナル第4戦はベンチ外となった紅林の主力2人も「大丈夫」と口をそろえ、シリーズ出場を強くアピールしている。やはり風はオリックスの日本一連覇へ吹いている気がしてならない。