プロ野球の最強を決める日本シリーズがいよいよ28日から開幕する。2年連続の日本一がかかるオリックスはリーグ3連覇を果たし、CSファイナルステージを4勝1敗で突破。一方、18年ぶりのリーグ優勝を飾った阪神はCSファイナルを無傷の4勝0敗で勝ち上がってきた。実に59年ぶりとなる「関西ダービー」を制するのはどちらか。

【日本シリーズ予想:前田幸長氏=阪神4勝3敗】チームカラーが似ていて、どちらも打ち勝つという感じではない。勝負を分けるのは投手力で、救援陣の質と量から阪神が僅差で上回っているとみた。

 先のCSでも抑えの岩崎をはじめ、左の桐敷、島本、岩貞、右の石井、ブルワーが盤石だった。対するオリックスは山岡、山崎颯、平野が失点し、この投手が出てきたら〝お手上げ〟という感じまでではなかった。仮に初戦と第6戦で山本に万全の投球をされて2敗しても阪神に分があるのではないか。

 59年ぶりの関西対決となったが、京セラドームでもスタンドは甲子園球場と遜色ないぐらい真っ黄色になっても不思議ではない。しかも今年の阪神は京セラで8戦全勝。ファンの大声援を受けて〝オール本拠地〟の気持ちで戦えるアドバンテージは大きい。今年は阪神の年かなという気がする。